NATTOKINASE 4000FU

食卓の定番「納豆」の血液サラサラパワーを一粒に
ナットウキナーゼとは

大豆やそれを発酵させた納豆は、昔から「健康に良い食品」として、日本人にとって馴染み深い食材ですよね。ナットウキナーゼとは大豆から納豆へ発酵する過程で作られるねばねば部分に含まれる栄養素で、血管のつまりの原因になる血栓を溶かし、血流をサラサラにする働きがあります。

※血栓の主成分であるたんぱく質フィブリンを溶解する作用や体内の血栓溶解作用を増強する働きがあります。

プラチナナットウキナーゼFU4000はこんな方におすすめです
⚫︎ 血栓症など血管や血液に不安がある方
⚫︎ 高血糖や高血圧、高コレステロールにお悩みの方
⚫︎ 同じ姿勢でいることが長く血管に負担がかかっている方
⚫︎ 納豆が苦手。毎日続けるのが大変という方
⚫︎ 頻繁な外食、過度な喫煙・飲酒、中年肥満など生活習慣に乱れのある方
血栓症とは

現在の日本において、血栓症はがんに次いで、死因の第2位です。特に脳梗塞と心筋梗塞は身近な血栓症で、死因の1/4を占めています。脳梗塞や心筋梗塞は、弾力性を失った血管(動脈硬化)やドロドロになった血液から発生した血栓が、心臓や脳の血管でつまりを起こす症状です。発症後は意識障害や重大な神経障害を残し、最悪の場合には死に至ります。ただ、そのほとんどは突然襲ってくる急性の症状の為、日頃から「予防」の意識を持つことが最も大切になってきます。近年では若年層でも生活習慣や食習慣の変化から、自覚がないまま血栓症になってしまっていることもあります。

A. ナットウキナーゼの作用

病気ではないけど、体調が悪い。そんな「未病」の原因も血液環境と密接に関わりがあると言われています。ナットウキナーゼを摂取することで、血液がサラサラになり、身体全身に必要な酸素や栄養素が行き渡ることで、冷え性の改善、疲れにくくなる、免疫力のUP、睡眠の質の向上、肌や髪のツヤが良くなるなど身体の基礎的な面から、イキイキとした生活を送る下支えとなります

⚫︎ 血栓の溶解
⚫︎ 体内に備わる血栓溶解作用の増強
⚫︎ 高血圧の改善
⚫︎ 動脈硬化の抑制
⚫︎ 血管を柔らかくし、弾力性を高める
⚫︎ 血中のコレステロール値を下げる
⚫︎ 血糖値の改善
⚫︎ 血液循環を改善する

血流を良くする成分は他にも発見されていますが、すでに出来た血栓を特異的に溶解する作用があるのは今のところ「ナットウキナーゼだけ」です。また納豆は古くから食経験のあるもので、安全性の高い素材と考えられております。危険性や副作用という面でも、「プラチナナットウキナーゼ4000FU」は医薬品ではなく健康食品に当たるので、そもそも副作用という概念には当てはまりません。実際に、ナットウキナーゼ関連の健康食品が販売されて以降、有害な事象も報告されていませんので、安心して召し上がっていただけます。

B. ナットウキナーゼの国際標準配合量:FU

ナットウキナーゼ製品の品質を測る上で、重要な基準の一つは「含有量」です。「プラチナナットウキナーゼ4000FU」は1日あたりの推奨摂取量の最大である4000FUを1粒に配合しました(日本栄養・健康食品協会の推奨摂取量は1日2000FU~4000FU)。市販の納豆にも1パックで平均1500FUのナットウキナーゼが含まれていますが、実は、納豆にはビタミンK2という血液を固まらせる作用のある成分も同時に含まれているので、医師から納豆を食べることを禁止されている方もいらっしゃいます。「プラチナナットウキナーゼ4000FU」は納豆からビタミンK2を取り除き、純粋なナットウキナーゼのみを使用しています。

(財)日本健康・栄養食品協会(JHFA)は「ナットウ菌培養エキス食品」の標準規格をFUを公示。現在、FUはナットウキナーゼ活性表示単位として米国、台湾、韓国、EUなどで広く理解されています。

プラチナナットウキナーゼ4000FUを選ぶ理由
❶ 高純度

発酵後の納豆の粘液から抽出した成分を使用。ビタミンK2を除去した高純度・高活性なナットウキナーゼを保証します。

❷ 高い配合量

1カプセル当たりの配合量が4000FUと推奨摂取量の最大量を配合しています。(1日の推奨摂取量:2000FU~4000FU)

❸ 高水準

GMP認定工場で薬品・医薬品と同等の管理方法で製造。原料は米国FDA認定成分を使用しています。 

❹ 高品質

薬品・医薬品と同等の錠剤圧縮技術で製造。ヨーグルト味を追加し、納豆の味や風味が苦手な方でも、毎日美味しく摂取していただけます。

よくある質問

Q1. 関連製品はたくさんありますが、AkiLabプラチナナットウキナーゼ4000FUを選ぶ理由は?

皆様の口に入るものなので、品質基準は最も厳しいものを適応しています。国際的に安全性と品質性が認められている「GMP認定工場」で薬・医薬品と同等レベルの生産体制を備え、製造から梱包まで全ての工程を管理しています。また製品がチェアブル錠ということも特徴です。日本人の体型や生活習慣に合わせた配合そしており、ヨーグルト味のラムネの様な形状なので、毎日美味しく食べていただけます。

Q2. 摂取すると効果的な時間はありますか?

「睡眠前や夕食後」がおすすめです。理由は、体内の水分が不足する朝方が最も血栓症が起きやすい時間帯だからです。加えて、ナットウキナーゼは摂取後、約2時間後から効果を発揮し始め、8~10時間程効果が持続するといわれていることから、午後の摂取は朝方に向けコンディションを整えることが出来ます。またナットウキナーゼは長く体内に留まることが出来ないので、毎日継続的に摂取することが大切になります。摂取するタイミングを決めることで飲み忘れの防止にもなりますよ。